朗読パフォーマンス『小泉八雲の世界狹樟賢瓠戞.筌泪篭篋促好織献で開催

俳優の佐野史郎さんとギタリストの山本恭司さんによる小泉八雲朗読パフォーマンス『小泉八雲の世界狹樟賢瓠戮慮演が、1月21日(土)に、ヤマハ銀座スタジオに於いて開催されました。
(佐野さんのweb「雑記帳」)
http://www.kisseido.co.jp/zakki/zakki1701.html

 

私達小宮夫妻は藤蔵の子孫としてこの公演に招待され、開演前に楽屋へ通され、佐野さんと山本さん、小泉凡先生の奥様祥子さんに面会させて頂きました。皆さんフレンドリーな感じで私達を暖かく出迎えて下さいました。手土産に持参した「ほどくぼ小僧まんじゅう」を手渡すと、驚いたように感激されていました。記念写真も撮らせて頂きました。

 

 

松江南高校の同級生であった、俳優の佐野史郎さんとギタリストの山本恭司さんによる小泉八雲朗読パフォーマンスは、平成19年より松江市で毎年継続的に行われるようになりました。毎年テーマを決めて、佐野さんが八雲の作品からそのテーマに合うものを選んで脚本を書き、今回は記念すべき10回目となり、テーマとして「転生」が取り上げられました。

 

公演は、闇の舞台の中から現れた山本さんが奏でる幻想的なギターの音色で始まり、会場の聴衆の心を徐々に包み込んで行きます。やがてスポットライトに照らされながら現れた佐野さんの朗読が折り重なって行きます。佐野さんによる朗読に、山本さんがギター1本で魅惑的な音の世界を作り出し、二人が織りなす楽曲に、映し出される映像が、観る者・聴く者を幻想的な世界へ誘い込みます。

山本さんが描く音の世界は、様々なテクニックを駆使し、佐野さんの語りに新たな世界をもたらすという、素晴らしい音色でした。

 

題材は「勝五郎の転生」の他に、「力ばか」や「おしどり」・「お貞の話」・「振袖火事」なども取り上げられました。さすがに佐野さんの朗読は、力ばかの笑い声や、お貞の怖さなど迫力のある朗読でした。「振袖火事」では振袖が燃え上がり、お寺の屋根の上に降り注ぐ火事の様子が目の前に浮かびあがって来るようでした。登場人物になりきっての語りがあり、一人芝居をしているかのような場面もありました。
豊かな表現力に今さらながら驚かされました。

 


『勝五郎の転生』朗読の最初のシーン
光のシャワーを浴びながら山本さんのギターの音色が響き渡り、それに佐野さんの朗読が折り重なって行きます。
「武蔵の国 ・・・」小泉八雲原作『勝五郎の転生』の物語部分が朗読されました。
力強い朗読は活字で読むのと異なり、臨場感が高まり想像力が掻き立てられました。
バックの映像には、高幡不動尊にたてられている「藤蔵の墓の案内板」も映し出されました。

朗読終了後に、佐野さんが会場の皆さんに私達夫婦を紹介されました。
その時に、佐野さんから私に「前世の記憶がありますか?」と聞かれましたが、私は「残念ながら、私には前世の記憶はございません」と答えました。


小泉八雲 原作『雪女』を映画化し、監督・主演を務められた杉野希妃さんも招待されていて、会場で佐野さんから紹介されました。

 

 

 

杉野希妃さんがいらっしゃるというので、当日になって思いつき、ぶっつけで「雪女」の朗読もやることになったそうです。
音楽を担当の山本さんは、驚いたことでしょうね。(その顔が目に浮かびます)
映画『雪女』は3月4日(土)から公開されます。この映画には佐野さんも雨宮茂作、雨宮栄作の二役で出演されています。

佐野さんは爐瓦△い気牒瓩涼罎如
「今回の『転生』。ヘルンさんが強く共感していた東洋の輪廻転生の死生観、宇宙観こそ、八雲の「八」にちなんで構成した八編の朗読シナリオを閉じるにふさわしいテーマだと自負しております。 閉じるとは言っても、そこは『転生』、終わることなく巡り続けることができれば・・・と夢見ております。 とても全てをご紹介出来そうもない小泉八雲の作品の数々ですが、選りすぐりの作品群を繰り返し語り継ぐことで、まだ見ぬ新たなヘルンさんの作品にも出会えそうな気もしております」
と、述べられています。

「小泉八雲朗読パフォーマンス」をいつまでも続けて行ってほしいです。出来得ることであれば、「勝五郎の転生」の地元日野で開催出来れば・・・。 
夢みたいな話かもしれませんが・・・。
( 勝五郎生まれ変わり物語探求調査団 小宮 豊 記 )


第8回 藤蔵・勝五郎 生まれ変わり記念日講演会 東 雅夫 氏 「幽冥文学談義〜平田篤胤から水木しげるまで〜」

勝五郎生誕201年め当日の10月10日、講師に文芸評論家で怪談専門雑誌『幽』の編集顧問である東雅夫氏をお招きして、第8回藤蔵・勝五郎 生まれ変わり記念日講演会が開かれました。

東氏と勝五郎の出会いは、水木しげる氏の自伝的エッセイ『ねぼけ人生』だったそうです。その最初の部分で勝五郎が紹介され、さらに『偶然の神秘』という漫画にも登場します。

平田篤胤が幽冥界を知るために関わった、前世を記憶する勝五郎、天狗界に出入りした寅吉、様々な物の怪を退けた平太郎。
江戸時代に実在した3人の少年たちと、水木漫画を代表する3少年を重ねながら、話はさらに見えない世界やそれを探求した人々へと進みます。

うつし世とかくり世を自在に行き来したかのような、不思議な感覚に満ちた一時となりました。


第8回 藤蔵・勝五郎 生まれ変わり記念日 講演会のお知らせ

東京都日野市程久保と八王子市東中野に伝わる、勝五郎生まれ変わり物語。
10月10日は勝五郎の誕生日、程久保村の藤蔵が中野村の勝五郎に生まれ変わった日です。
今年は、勝五郎生誕201年目の当日に、第8回の記念日イベントを開催します。
怪談と幻想文学の分野で、精力的な講演・評論・研究活動を展開している東 雅夫氏に「勝五郎生まれ変わり物語」を含めた幽冥文学の世界を語っていただきます。
演題 「幽冥文学談義〜平田篤胤から水木しげるまで〜」
講師 東 雅夫氏 (文芸評論家・怪談文芸専門誌『幽』編集顧問)
日時 平成28年10月10日(土)午後1時30分〜4時
場所 高幡不動尊 五重塔地下ホール(地図
(京王線・多摩モノレール 高幡不動駅下車3分 公共交通機関をご利用ください)
定員 200名(申し込みは不要です。直接会場へお越し下さい)
入場無料


 


<< | 2/26PAGES | >>

勝五郎生まれ変わり物語
探求調査団とは

平成18年より日野市郷土資料館で活動している市民の集まりです。

生誕200年記念事業

2015年10月10日は、勝五郎生誕200年でした。

リンク

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

  • 朗読パフォーマンス『小泉八雲の世界狹樟賢瓠戞.筌泪篭篋促好織献で開催
    Y. K (01/31)
  • 秋田魁新聞の連載を終えて
    m.okada (05/07)
  • 日本心霊科学協会 講演会のお知らせ大門 正幸氏「生まれ変わり現象の世界 勝五郎の事例・世界の事例」
    y.komi (01/29)
  • 簗瀬均氏が「記念特別展」に来訪されました
    公益財団法人 日本心霊科学協会 濱田隆 (01/13)
  • 勝五郎生まれ変わり物語 探求調査団 報告会
    yhk (11/16)
  • 勝五郎生誕200年記念講演会 小泉 凡 氏 「文化資源としての人と物語 ~小泉八雲の世界をめぐって」
    hyk (10/26)
  • 第7回 藤蔵・勝五郎 生まれ変わり記念日講演会 大門 正幸 氏 「勝五郎と世界の生まれ変わり事例〜実は身近な過去生の記憶〜」
    hyk (10/17)
  • 第7回 藤蔵・勝五郎 生まれ変わり記念日講演会 大門 正幸 氏 「勝五郎と世界の生まれ変わり事例〜実は身近な過去生の記憶〜」
    bell (10/14)
  • 第7回 藤蔵・勝五郎 生まれ変わり記念日講演会 大門 正幸 氏 「勝五郎と世界の生まれ変わり事例〜実は身近な過去生の記憶〜」
    mie.oka (10/14)
  • モノレール高幡不動駅 展示コーナーのお知らせ
    hyk (10/08)

プロフィール

ブログ内検索